男性

投資に挑戦するなら海外不動産がベスト|今を生きる方に

どちらにもある利益

男性

家賃債務保証制度は借主側にも貸主側にもメリットがある制度です。借主側は初期費用は高くなりますが、保証人を立てる必要がなかったり、審査が厳しい物件への入居の確率が上がります。また、貸主側も家賃の滞納を未然に防止できるため、安心して貸すことができます。

Read More

情報を手に入れるには

講義

不動産投資セミナーは、新しい情報をリアルタイムで伝えてくれます。もしも、書籍を中心に勉強をしているのであれば、一度、不動産投資セミナーに参加してみましょう。疑問点を質問することができる時間も設けられています。

Read More

マンションの管理会社

男女

マンション管理会社を利用すれば、クレーム対応などの面倒な手間がかからず、時間に余裕をもつことができるようになります。マンション管理会社を探すときは、セミナーなどに参加してオーナーなどの評判を確かめるようにしましょう。

Read More

海外向けの不動産投資とは

マネー

最近注目の海外の不動産

資金力が無い人でもフルローンを組めるので、副業感覚で始めることができる不動産投資を考えている人が増えています。しかし、急激な経済成長を見込めない日本では、不動産投資で大きな利益を得ることは難しくなっているのです。そのようなときに、魅力的な投資先になっているのが発展途上国の不動産で、日本でも海外不動産投資を視野に入れている人が多いようです。海外不動産による投資は、不動産投資の経験が多い人だけでなく、初心者でも簡単に始めることができるのです。現に海外不動産向けの投資セミナーや、海外不動産を扱う不動産投資会社も増えています。ある程度資金に余裕がある人で、不動産投資を始めたい人は、海外不動産投資を視野に入れるといいかもしれません。

海外での不動産投資とは

海外不動産投資は、これから経済成長が見込める国の不動産を購入し、売買や家賃収入で利益を上げる方法です。日本の不動産投資ではインカムゲインの割合が高くなっていますが、海外ではキャピタルゲインによる投資が多いという傾向があります。海外の不動産を取り扱うことから、その国の法律や住宅事情をある程度知っておく必要があり、英語くらいは話せておくと取引が有利になります。また、その国の市場拡大や不動産価格を予想できる力が必要になるので、不動産投資に慣れていない人は日本の投資会社を利用することが多くなります。日本で行われる海外不動産投資では、東南アジアの途上国が人気で、特にリゾート地や都市部の物件が取引されているようです。