どちらにもある利益|投資に挑戦するなら海外不動産がベスト|今を生きる方に
つみきとお金

投資に挑戦するなら海外不動産がベスト|今を生きる方に

どちらにもある利益

男性

賃貸を借りやすくなる

最近では、賃貸物件を借りる時には、親族などの保証人ではなく家賃債務保証制度を導入している不動産会社が増加しています。家賃債務保証制度は万が一家賃が支払えなくなった場合にある一定の料金を保証してくれる制度です。このため、借りる側は信用度が高くなるため、賃貸物件を借りやすくなります。反対に家主側も家賃債務保証によって、家賃収入が途絶えることを防止できるためどちらにもメリットがあると言えるでしょう。借主側は賃貸物件の契約を行う際に、家賃の数か月分を家賃債務保証料として納めるのが一般的であり、初期費用は高くなる傾向です。しかしながら、保証人を立てることが出来ない人や、審査が厳しい物件においても入居が出来る可能性があるのです。

現代社会にマッチしている

家賃債務保証制度は借主側にも貸主側にもメリットがある制度です。近年、不景気によって突然、収入が途絶えることも稀ではなくなっているため、家賃債務保証制度を利用することで突然の不幸な出来事にも対応することができるのです。また、貸主側も身寄りのない人へ大切な物件を貸すのは抵抗がありますが、間に家賃債務保証会社を挟むことによって、安心して貸すことができるのです。最近では親族がいない単身者もとても多くなってきているため、家賃債務保証は時代のニーズにマッチしていると言えるでしょう。借主側の初期費用は少し高くなりますが、貸主側にも借主側にも安心感を与えてくれる制度なのです。互いに安心することによって、希望の物件を借りることもでき、空室を防ぐことも可能です。